メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

Web レポートの共有: 2020 年 R2 で計画された変更

現在は、組織に基づいた Web レポートのみ、共有できます。組織へのアクセス権を持つすべてのユーザは、レポートを実行および表示できます。組織によっては、共有レポートが空になっているユーザもいます。たとえば、レポート内のバージョンが使用できないユーザもいます。これらのユーザに対しては、空のレポートは削除されるため、ユーザには表示されません。これは、インスタンス構造に基づき組織によって異なります。

何が変わるのですか?

計画されているリリースでは、組織に加えて、個々のユーザおよびユーザグループごとにレポートを共有できるようになります。ユーザは、空のレポートを含め、共有されたすべてのレポートを閲覧できます。ただし、これらの空のレポートを実行しても、データは表示されません。

今やることは?

組織に機密性の高い名前またはデータを含むレポートがある場合は、これらのレポートに対する権限を確認して、レポートの共有先を再評価できます。また、レポート名を更新することもできます。

例: Web レポートの共有

現在の動作

Greenco Enterprises では、2021 年の費用提案レポートは米国運用組織と共有されています。ジェナは、この企業の米国の従業員として、米国運用組織へアクセスできます。彼女は、このレポートに含まれるバージョンにアクセスできません。ジェナはこのレポートを見ることができません。

今後の変更

Greenco Enterprises では、2021 年の費用提案レポートは米国運用組織と共有されています。ジェナは、この企業の米国の従業員として、米国運用組織へアクセスできます。彼女は、このレポートに含まれるバージョンにアクセスできません。ジェナは、このレポートを表示できるようになりましたが、レポートを実行すると、データは表示されません。

レポートの可視性に変更があります。ジェナはレポートを閲覧できるようになりましたが、バージョンにはアクセスできません。彼女がレポートを実行すると、データは表示されません。

  • この記事は役に立ちましたか?