メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

按分方法の設定

按分使用率を説明し、グローバル按分方法を作成する方法について説明します。

ユーザーがシートの合計期間に値を入力するときに、按分を選択するように要求されます。たとえば、Q1 のセルに入力された値は、Q1 に含まれる 3 か月間に平均してまたは部分的に分散して組み込むか、月ごとに均等に組み込むか、4-4-5 のようにパターン化して組み込むことができます。4-4-5 とは 1 四半期に含まれる月の週数を意味します。これは四半期の最初の月は4週で、2番目の月も4週、3番目の月は5週であることを示しています。4-5-4、5-4-4 など他のタイプで指定することもできます。

ユーザーはいくつかの按分方法を使用できます。[自動按分] ドロップダウンから方法を選択することにより、[一般設定] ページからデフォルトの按分方法を設定し、オプションとして提供される 1 つ以上のカスタム按分の方法を作成できます。

 

カスタム按分法を作成するには: 

  1. 自動按分を無効にします。
  2. 按分方法に使用する前提条件を作成します。
  3. 前提条件を保持するシートを作成します。
  4. 前提条件シートに加重数を設定します。

以下のセクションは、それぞれのステップについて説明します。

自動按分を有効または無効にする

自動按分を有効または無効にするには

  1. 管理 >、一般設定を開きます。
  2. [自動按分] ドロップダウンからオプションを選択します。カスタム方法を作成するのに、[なし]を選択します。
  3. 保存]をクリックします。

前提条件を作成する

按分方法で使用する前提条件を作成する

  1. [モデリング>] [モデル管理] を開き、[前提条件] をクリックします。
  2. [新前提条件] をクリックします。
  3. [科目の詳細]ボックスにデータを入力します。
  4. [按分で使用する]をクリックします。
  5. 保存]をクリックします。

シートを作成する

  1. シート ウィザードの起動:
    1. [モデリング >] [モデル管理]に移動し、[ユーザー割当シート] をクリックします。
    2. [新規シート] をクリックします。
    3. シートに覚えやすい名前をつけてください。
    4. 次へ]をクリックします。
  2. [科目を選択] のステップの場合 
    1. [新しいグループ] をクリックし、それに「按分前提条件」のような新しい名前をつけます。
    2. 保存]をクリックします。
    3. 科目を選択する]ボックスでは、「按分前提条件科目」 を選択してください。
    4. [グループに追加] をクリックします。
    5. 次へ]をクリックします。
  3. 属性属性を選択する]の段階では、フィールドに何も入れないでください。[次へ] をクリックします。
  4. [初期ビューを指定] ステップでは、すべてがゼロまたは空白の場合に [抑制] 行の横のチェックボックスを選択解除し、[] をクリックします。
  5. [シートのアクセス性を編集] のステップの場合、シートが編集できるのを確かめます。
    1. ユーザー名を探し、[選ばれたユーザー ]ボックスに矢印ボタンを使って移動してください。
    2. ワークフローから除外済み]をクリックします。
    3. 次へ]をクリックします。
  6. [組織の有効性を指定] のステップの場合、シートにアクセスできる組織を選択します。
  7. 会社全体]または組織構造で一番上の組織をクリックしてください。
  8. [シート作成] をクリックします。

重量の数を設定する

按分方法に地域手当の数を入力するには

  1. [前提条件] > シートの名前に移動し、新しいシートをロードします。
  2. 正しいバージョンを使用しているか確かめてください。
  3. 本年度までスクロールし、使用したい按分重量を入力します。
  4. 保存]をクリックします。
  • この記事は役に立ちましたか?