メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

ロールと権限の概要

使用できるロール、権限、およびロール テンプレートを紹介します。

ロールをユーザーに割り当て、Adaptive Planningのエリアに対するアクセス権を付与します。ロールは、ユーザーがAdaptive Planningで表示および実行できる内容を定義する一連の権限です。例えば、[管理] ロールには通常、使用可能なすべてまたはほとんどの権限があります。予算担当者はシートにアクセスするだけで、他には何も必要ありません。このロールには、いくつかの権限が含まれている場合があります。

1人のロールを複数のユーザに割り当てることができますが、各ユーザが持てるロールは 1 つだけです。

すべてのインスタンスには、ライセンスに応じて事前定義されたロールがあります。ロールをレビューし、必要に応じて権限を更新するか、追加のロールを作成します。

ロールとデータアクセス

ロール権限は、ユーザーが実行できるアクション、およびユーザーが表示またはアクセスできるAdaptive Planningのエリアを制御します。これには、特定のフィールド、セクション、サービスが含まれます。例えば、管理者アクセス権を持たないユーザは、[管理] 画面に移動できません。

データアクセスは、ユーザーが表示できるデータを制御します。例えば、ユーザーに表示する組織とバージョンおよび表示しない組織とバージョンを選択できます。組織、バージョン、科目、シートの設定でデータアクセスを管理します。インスタンスがアクセスルールを使用する場合、ルールは制御の特定の層を追加します。

組織承認者は、[ユーザープロファイル](ユーザーの作成または編集を参照)または [モデル > 組織]([組織] を参照)で設定します。バージョンアクセスは、 バージョンを作成または編集するときに設定します。アクセスルールは、アクセスルールが有効になっているときに [管理 > アクセスルール] で設定します。「アクセスルールの概要」を参照してください。

ロールテンプレート

ロールテンプレートにより、自分の一連の権限が事前に選択されます。ロールテンプレートはインスタンスごとに異なります。通常、これらには [表示のみ] と [フルシート] が含まれます。また、[要因]、[Adaptive Planning実装者]、および [パワーユーザー] が含まれる場合もあります。

各テンプレートに含まれる権限を表示するには、新しいロールを作成し、テンプレートをクリックします。選択するときに権限を削除および追加します。すべての権限とその機能の包括的なリストについては、「使用可能な権限」をご覧ください。

表示のみのロール

データに対して表示アクセス権限のみを付与する必要があるユーザーの場合は、[表示のみ] テンプレートを使用します。また、制限付きロールを作成したり、一からロールを構築するための開始点としても適しています。

要因のロール

データを入力または編集する必要があるユーザーの場合は、[要因] テンプレートを使用します。[要因] テンプレートには、管理およびモデリングに適した権限が含まれていません。他のいくつかの高度なアクセス権限以外に、[要因] テンプレートには以下が含まれていません。

  • 統合オペレータ
  • モデル管理アクセス
  • [管理アクセス]

フルシートおよびパワーユーザーのロール

[フルシート] および [パワーユーザー] テンプレートには、使用可能なほとんどすべての権限があります。これらのテンプレートを管理者ユーザーに使用します。[フルシート] および [パワーユーザ] テンプレートで選択されていない権限:

  • 統合開発者: ユーザーがAPIを使用してデータコネクタを作成できるようにします。
  • 時間: ユーザーがカレンダーの設定を更新できるようにします。
  • 構造のインポート: ユーザが組織や科目などのモデル構造をインポートできるようにします。

Adaptive Planning 実装者のロール

期間限定でモデルを管理するユーザーには、[Adaptive Planning実装者] テンプレートを使用します。例:

  • Adaptive Planning内に特定のロールを持たないWorkday SAML SSOユーザー。
  • サードパーティーの実装者。

[Adaptive Planning実装者] テンプレートで選択されていない権限:

  • 統合開発者: ユーザーがAPIを使用してデータコネクタを作成できるようにします。
  • エクスポート機能: ユーザーがエクスポートできるようにします。
  • 組織の承認: ユーザーがワークフロー内の組織を承認できるようにします。
  • プロセス トラッカ: ユーザーがプロセス トラッカにアクセスして管理できるようにします。
  • この記事は役に立ちましたか?