メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

ユーザーフィールド

[管理] 内のユーザプロファイルのすべてのフィールドについて説明します。

段階的な指示:

Workday から同期されたユーザは、Workday 内でのみ詳細を編集できます。

フィールドと説明

フィールド 説明 管理者のみ使用可能
名前 (必須)ユーザーのフルネームを入力します。これは、[名前] の下の [すべてのユーザー] リストに表示されます。 いいえ
位置 ユーザーの役職名または職業を入力します。 いいえ
ユーザー名

(必須) ユーザ名を作成します。

ベストプラクティス: ベストプラクティス: ユーザの会社の E メールアドレスを使用すると、簡単に思い出して連絡できるようになります。

最初の文字にハイフンまたはマイナス記号 (-) を使用しないでください。

はい
E メール

ユーザ名が E メールアドレスでない場合は、このオプションを使用します。

[すべてのユーザ] ページからユーザに E メールを送信する場合またはユーザをユーザグループに追加する場合は、プロファイルを E メールアドレスにリンクする必要があります。

いいえ
E メールとしてユーザー名を使用

ユーザー名がE メールアドレスである場合は、このオプションを使用します。

[すべてのユーザ] ページからユーザに E メールを送信する場合またはユーザをユーザグループに追加する場合は、プロファイルを E メールアドレスにリンクする必要があります。

いいえ
ホーム ページ

ユーザーが最初にログインしたときに表示するページを選択します。ユーザは、プロファイル設定からこの値を変更できます。

インスタンスのダッシュボードがオンになっている場合、ダッシュボードをユーザのホーム ページとして設定できます。また、ランディング ページとして特定のエリアまたはダッシュボードを選択することもできます。エリアは共有エリアである必要があります。

エリアのみを選択して [ダッシュボード] フィールドを空白のままにすると、ユーザのホーム ページにそのエリアの最初のダッシュボードが表示されます。

ユーザが、選択した特定のダッシュボードまたはエリアへのアクセス権を持っていない場合は、ダッシュボードの概要ページに移動します。

いいえ
タイムゾーン、国、州 ユーザに関する場所情報を入力します。タイムスタンプには、ユーザに対してここで選択したタイム ゾーンが使用されます。 いいえ
インスタンス アクセス

ユーザがアクセスできるすべてのインスタンスを選択します。現在のインスタンスに合計するインスタンスのみを選択します。ベストプラクティスとして、上位の「親」インスタンスにログインして、その下のすべてのインスタンスを表示します。

このフィールドは、マルチインスタンスのみに表示されます。

はい
デフォルトのインスタンス:

デフォルトのインスタンスは、ログイン時にユーザがアクセスするインスタンスです。

このフィールドは、マルチインスタンスのみに表示されます。

いいえ
ロール

ドロップダウンを使用して、ユーザーに割り当てる [ロール] を選択します。

このフィールドは、プロファイルを保存するために必要ではありませんが、ユーザーがAdaptive Planningにログインするために必要です。

このフィールドを表示するには、[管理者アクセス > ロール] が必要です。

はい
承認組織

ユーザーがアクセスできる組織を選択します。子組織を持つ組織を選択すると、ユーザーはその組織とそのすべての子組織にアクセスできるようになります。

アクセスルールがない場合、ユーザがAdaptive Planningのデータにアクセスできるようにするには、このフィールドが必要です。

アクセスルールがある場合は「承認者を組織に割り当てる」を参照して、承認組織についての変更内容を理解してください。 

はい
パスワードおよびパスワードの再入力

(必須)両方のフィールドに同じパスワードを入力して、ユーザー パスワードを更新します。パスワード要件は [管理] > [設定] で設定します。

SSOを使用する場合、これはユーザーが使用するパスワードではありません。

いいえ
失敗した試行回数

ユーザーが誤ったパスワードでログインしようとした回数を示します。

このフィールドが表示されるのは、[一般設定] に [許容試行回数] が定義されている場合のみです。

はい

ドロップダウンから [アンロック] を選択し、ユーザーが再度ログインできるようにします。

このドロップダウンが表示されるのは、ユーザが自分自身をロックした場合のみです。

このフィールドが表示されるのは、[許容試行回数] が [一般設定] に定義されている場合のみです。

はい
Salesforceのユーザ名

ユーザーのSalesforce ログインIDを入力します。

このフィールドはSalesforce SSOインスタンスに対してのみ表示されます。

はい
NetSuiteログインのE メール

ユーザーのNetSuiteログインIDを入力します。

このフィールドが表示されるのは、NetSuite SSOが [一般設定] で有効である場合のみです。

はい
SAML ログイン ID

ユーザーのSAML IDを入力します。

このフィールドが表示されるのは、SAMLオプションが有効な場合のみです。

はい
  • この記事は役に立ちましたか?