メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

SAML SSO PingOne

PingOneのインスタンスからSAML SSOトークンを受け入れるようAdaptive Planningを設定する手順を示します。PingOneインスタンスは ID プロバイダであり、Adaptive Planningはサービスプロバイダです。

前提条件

  • 管理権限を持つPingOne科目
  • 管理権限を持つAdaptive Planning科目
  • SAMLがインスタンスにプロビジョニングされたことを示すAdaptive Planningからの確認E メール

PingOneへのAdaptive Planning の追加

  1. PingOne にログインします。

  2. [アプリケーション] > [マイ アプリケーション] を開きます。

  3. [新しいアプリケーションを追加] をクリックします。

  4. [アプリケーションカタログの検索] ManageSAMLSSO_catalog_search_cropped_pingone.pngを選択します。

  5. 検索テキストボックスで、 Adaptive Planningを入力します。

  6. Adaptive Planningを選択してアプリケーションの設定を開始します。

  7. [SAMLメタデータ] をダウンロードし、PingOneからSAMLメタデータXMLドキュメントを開きます。

ManageSAMLSSO_downloaded_metadata_XML_pingone-obf.png

  1. ダウンロードしたSAMLメタデータXMLドキュメントからIDプロバイダエンティティIDをコピーし、[ Adaptive Planning管理> SAML SSO 設定] の [IDプロバイダエンティティID] フィールドで使用します。

  2. ダウンロードしたSAMLメタデータXMLドキュメントからIDP SSO URL(Bindings-POSTを使用)をコピーします。このURLはAdaptive Planningで、[IDプロバイダSSO URL] フィールドを設定するときに使用します。

  3. PingOne 内で、[署名証明書] を [ダウンロード] し、覚えている場所に証明書を保存します。

    ManageSAMLSSO_settings_download_pingone_signing_certificate_cropped.png
  4. Adaptive Planningから、[管理 > SAML SSO設定] 画面に移動し、ダウンロードしたPingOne署名証明書をアップロードします。

  5. 保存]をクリックします。

  6. [管理 > SAML SSO設定] 画面の下部に表示されたAdaptive Planning SSO URLをコピーします。PingOneで[ACS URL] フィールドを設定するときに、このURLを使用します。

  7. PingOneから、[シングルサインオン(SSO)URL を開始] をコピーし、ブラウザーに貼り付けてSSOを試行します。

正常に設定をテストした後、ユーザーの SAML SSO を有効にできます。「Adaptive Planning ですべてのユーザに対して SAML SSO を有効にする」を参照してください。

SAML SSO を使用して Excel Interface for Planning および Office Connect にログインする

SAML SSO を正常に設定して、テストが完了すると、Excel Interface for PlanningおよびOfficeConnectのユーザはログインフォームにユーザ名を入力するだけでログインできるようになります。パスワードの入力は不要です。

PingOneSAML SSO 制限

PingOneをIDプロバイダとして設定するユーザーは、 OfficeConnect およびExcel Interface for Planningを含むAdaptive Planningに接続するたびにログイン認証情報の再入力が必要な場合があります。

  • この記事は役に立ちましたか?