メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

SAML SSO設定

SAML(Security Assertion Markup Language)はオープンスタンダードのXMLベース形式で、IDプロバイダーとサービス プロバイダー間で認証と許可をやり取りするためのものです。その利点のひとつは複数のオンライン サービスでシングル サインオン (SSO) を利用できる機能です。

[SAML SSO設定] ページでは、IDプロバイダを操作するためにAdaptive Planningを設定します。SAML SSOの設定の詳細については「SAML SSOドキュメンテーション」を参照してください。

このページの SAML 構成フィールドを次に示します。

SAMLバージョン: IDプロバイダーを操作するために使用するSAMLのレベル

IDプロバイダ名: Adaptive PlanningにリンクするIDプロバイダの名前

IDプロバイダエンティティID: IDプロバイダのID。これは通常、ID プロバイダの提供するインターフェイスの管理セクションで見つけることができます。

ID プロバイダSSO URL: ID プロバイダがAdaptive Planningに直接ログインするために使用するURL。通常、次のような形式になります。
https://ADFS_HOST/adfs/ls/idpinitiatedsignon.aspx?logintoRP=AdaptiveInsights

カスタムログアウトURL: オプション。ユーザがAdaptive Planningからログアウトするときに読み込む URL を入力します。

ID プロバイダの証明書: [参照] をクリックして、ID プロバイダのインターフェイスからダウンロードした証明書をアップロードします。

SAML ユーザ ID: 使用するユーザ ID タイプ (ユーザのAdaptive Planningユーザ名またはフェデレーション ID) を選択します。

SAMLユーザーIDの場所: ユーザ ID がある SAML トークン内の場所を選択します。

[SAMLの有効化] メニューを使用して、SAML SSOを有効または無効にするか、SAML SSOとAdaptive Planningログインの両方を有効にすることもできます。SAML SSOを使用してAdaptive Planningログインページにログインするには、ユーザーはパスワードフィールドを空白のままにして、認証のためにIDプロバイダーに転送できます。

SAML SSO を有効にすると、SAML ロール権限が付与された管理者ユーザは SAML SSO またはその Adaptive 認証情報を使用してログインできます。

  • この記事は役に立ちましたか?