メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

モデリング: モデルシート行の派生属性値

2020R2: モデルシート行の派生属性値のリリース ノート。機能ビデオを含みます。

ビデオを見る: 5 分 28 秒

Derived Dimension Values on Model Sheet Rows
 

派生属性値を使用すると、ユーザ定義の多属性ルックアップ ルールに基づいてデータを動的にグループ化できます。モデルシート行の属性値は、ルールに基づいて返されます。

派生属性値は、集計データを使用して大まかに計画し、個々の項目レベルで調整を行う柔軟性を提供します。

属性マッピング ダッシュボード テーブルを使用して、属性値マッピング ルールを表示、更新、削除、作成します。

属性マッピング ダッシュボード テーブルを使用して、属性値マッピング ルールを表示、更新、削除、作成します。また、モデル管理のスプレッドシート テンプレートから属性マッピングをインポートすることもできます。

小規模だが注目に値する

派生属性を使用する販売プランニング顧客を更新します。

  • ダッシュボードで属性マッピング テーブルを検索します。
  • 属性マッピング テーブルは、エリア コンテキスト フィルタに反応します。
  • 属性マッピング テーブルの行間でマッピング値を移動します。
  • 派生属性はアクセスルールで保護できるようになりました。
  • 属性マッピング ルールをインポートおよびエクスポートし、テンプレートをダウンロードします。

納入日 

リリース予定: 2020-09-11

  • この記事は役に立ちましたか?