メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

Adaptive Planning の統合

2020R2: Adaptive Planning の統合に関するリリース ノート。

eraseData API を使用して実績または計画データを消去する

新しい eraseData メソッドは、eraseActuals と同じ機能を提供しますが、計画データを消去する機能も備えており、ターゲットとなる特定の科目と計画の組み合わせをさらに制御できます。条件に一致するセル ノートも削除されます。

納入日

リリース予定:  2020-09-11

機能ドキュメンテーションへのリンク

eraseData

Planning データ ローダの既存の行のみを更新

Planning データ ローダを使用してモデルシートにインポートするときに、既存の行のみを更新するオプションを選択できます。これにより、更新された行をインポートするときに、新しい行を追加されるのを防げます。

納入日

リリース:  2020-05-14

機能ドキュメンテーションへのリンク

Planning データ ローダの作成

exportData API でその他のオプションを使用する

exportData API を改善し、エクスポートの効率性と柔軟性を向上させました。

  • exportData API で markBlanks=true を使用すると、空白のみまたは空白とゼロの組み合わせを含む行の出力を回避できます。
  • API v25 以降では、includeRollups 属性は includeRollupAccountsincludeRollupLevels に置き換えられ、出力に合計が含まれます。includeRollupAccounts または includeRollupLevels を使用するには、科目または組織フィルタが必要です。

納入日

リリース:  2020-09-11

機能ドキュメンテーションへのリンク

exportData

強化したプランニング データ ソースの使用

柔軟性を高めるため、プランニング データ ソースを強化しました。

  • プランニング データ ソースの設定時に、科目と組織の合計を含めるため、2 つの新しいオプションから選択します。
  • [構造のインポート] にはユーザによる手動の操作が必要となり、[データのインポート] を選択しても自動的には実行されません。

納入日

リリース:  2020-09-11

機能ドキュメンテーションへのリンク

Adaptive Planning をデータ ソースとしてセットアップ

  • この記事は役に立ちましたか?