メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

統合

2020R1: 統合のリリース ノート。

モデルシート行の一括更新

ビデオを見る: 3 分 2 秒

Update Modeled Sheet Rows - What's New 2020R1
 

データをモデルシートにインポートする際に使用できるオプションが追加されました。

スプレッドシートのアップロードによる行の更新

モデルシートにインポートする場合、既存の行を更新するには次の 2 つのオプションがあります。

  • 既存行を更新します。
  • 既存の行を更新し、新しい行を追加します。

アップロードする属性または組織をインポートキーとして使用し、シートの更新全体で一致する行を指定します。インポートの 1 つの行がモデルシートの複数の行に一致すると、一致するすべての行が更新されます。

モデルシート データのインポートでは、テンプレートに重複する列名がない場合でも、シートに重複する列名がある場合にエラーが発生する可能性があります。修正するには、シートから重複する列名を削除します。列名の変更方法については、「モデルシート列の追加または編集する」を参照してください。

ベストプラクティス: モデルシート データをダウンロードし、シート バージョン セレクタからまたはバージョン管理でバージョンを作成します。新しいバージョンで更新をテストして、必要な結果が得られていることを確認します。

スプレッドシートのインポート」を参照してください。

Planning データ ローダを使用して行を更新する

Planning データ ローダを作成する場合は、更新するモデルシートを選択し、行の一致のキーとして使用する属性または組織列を指定します。

Planning データ ローダの作成」を参照してください。

API リクエストの作成による行の更新

importConfigurableModelData API を使用して更新します。組織列または属性列を、更新する行のインポートキーとして設定します。更新する方法には、次の 2 つのオプションがあります。

  • 更新: 一致するモデルシート行のみが更新されます。一致する行が見つからない場合は警告を受け取ります。
  • 新しい行を更新して追加:  インポートキーでは更新する一致行が見つからない場合に、新しい行を作成します。

importConfigurableModelData」を参照してください。

API を使用したグループのエクスポート

新しいexportGroups API を使用して、インスタンス内のユーザグループをエクスポートします。exportUsersexportLevels API の両方が groupIds を示すようになり、ユーザまたは組織がどのグループに属しているかを表します。

exportGroups」および「exportLevels」を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?