メインコンテンツまでスキップ

logoCorrectSize.png

Workday Adaptive Planning Knowledge Center

レポート作成および分析

2020R1: ダッシュボードと Web レポート、および OfficeConnect のリリース ノート

ダッシュボード

ビデオを見る: 6 分 36 秒

Active Dashboards - What's New 2020R1
 

インタラクティブ ダッシュボード

シートがダッシュボードで使用できるようになりました。共同作業、データの入力、テキストの追加、グラフの表示を、ダッシュボードから移動せずに実行できます。ダッシュボードのシートを使用して、プランニング エクスペリエンスを簡素化し、迅速な what-if 分析シナリオを作成します。

ダッシュボードのシート」を参照してください。

ランディング ページとしてのダッシュボード

管理者またはユーザとして、ホーム ページ オプションに [ダッシュボード] を選択すると、特定のエリアまたはダッシュボードをランディング ページとして選択できるようになりました。管理者は、[ユーザを編集] ページでユーザに対してこれを設定できます。ユーザは、プロファイル ページでこれを設定できます。ユーザは、アクセス権に基づいて、ダッシュボードの概要、特定のエリアまたはダッシュボードをホーム ページとして表示できます。

ログインとホーム ページの変更」を参照してください。

地理マップ

新しい地理マップを使用して、地図上の円でデータを可視化します。ジオマップには、地理領域の緯度と経度に基づいたデータが表示されます。

  • 円のサイズ、カラー スケールまたはその両方を使用して、さまざまな地域の値を比較対照します。
  • 地理階層を郵便番号レベルまでナビゲートします。

地理マップの作成」を参照してください。

ユーザグループとダッシュボードを共有する

一度に多数のユーザとダッシュボードを共有します。ユーザグループとエリアを共有できるようになりました。

エリアの共有」を参照してください。

Webレポート作成

ゼロまたは空白の列を非表示にする

マトリクスレポートでは、レポート プロパティで新しいデータ表示オプションを使用できるようになりました。レポートから、すべてゼロの値またはすべて空白の列を非表示にするには、[すべてゼロまたは空白の場合は列を表示しない] を選択します。この機能はデフォルトでは選択されていません。

Webレポートの形式」を参照してください。

OfficeConnect

行と列を動的に更新

ビデオを見る: 6 分 37 秒

Adaptive Insights OfficeConnect - What's New 2020R1
 

要素グループを作成して、レポートの行および列に適用します。要素グループには、親の直接の子または選択した兄弟がすべて含まれます。たとえば、営業費用グループには、この親科目のすべての子費用が含まれます。グループ内の子を追加、削除または並べ替えるたびに、グループを更新して、これらの変更でレポートを更新します。

要素グループの作成と管理」を参照してください。

  • この記事は役に立ちましたか?